本文へスキップ

キャリアアップ留学career up

キャリアアップTOP → カナダで医療英語を学ぶ

カナダで医療英語(Medical English)を学ぶ

カナダで医療英語を学ぶ

Medical English(医療英語)

カナダ・バンクーバーで学ぶプログラムです。
日本国内に滞在する外国人は250万人以上、国内を訪れる外国人は年間2000万人に達しようとしています。そのうちでも一番需要の多い外国語言語が英語。しかし、実際の医療現場では英語対応の可能なスタッフが限られることもあり、外国人患者の言語に対応できない場合は3割の病院は「受け入れない」という姿勢をしめしていることが調査により分かりました。(PDFファイル:参考特定非営利活動団体 先端医療推進機構)
病院や薬局などの医療現場で求められる「英語によるコミュニケーション能力」を磨くことを第一に、患者・医療従事者の双方の立場から、病状や病歴の説明、検査内容や治療オプションの案内、慎重さが求められる情報開示など、異なる状況に適切に対応できる英語スキルを学びます。

看護師や薬剤師、歯科衛生士の方など、すでに医療現場にて活躍されている方が、その経験を活かしつつ、英語での更に高度なコミュニケーション・スキルを身に着けたり、プログラムを通して医療的なボキャブラリーや表現を学びたい学生さんにもお勧めのプログラムです。

これから更に国際化の進む日本社会において、日本の医療現場のサービスの質の向上、そしてご自身の活躍の場を広げるため、ぜひご参加ください!

【注意】
このプログラムは、日本において医療関連業務にすでに携わる、中上級から上級の英語学習者が英語環境にて医療サービスを提供することを想定してデザインされています。プログラムでは薬学、看護学、医療行為等の指導等は行いません。また、受講者はNational Council Licensure EXamination等にて管理されるライセンス条件を満たすプログラムではありません。



医療英語の概要

  1. 医師、看護士や介護福祉士など、医療や保健に携わる方にむけた学習内容
  2. 病院などの医療現場での英語によるコミュニケーション力
  3. 病歴や身体検査、治療オプションの説明、慎重さが求められる情報開示
  4. 異なる状況ごとに適切に対処する英語スキル


習得するスキル

  1. 患者対応のための英語コミュニケーションスキル
  2. 英語での患者の受け入れ
  3. 英語での病状、症状説明
  4. 英語での患者の医療、家族の病歴、ライフスタイル確認
  5. 英語での電話対応
  6. 英語での問診
  7. 医療処置に関する英語による簡潔な説明法

開催地および入学基準等


取得資格 Certificate ※Diplomaコースはお問い合わせください。
開催地 カナダ:バンクーバー ilsc
入学基準 英語力:TOEIC 600以上、 IELTS 5.0以上、 TOEFL(iBT)52以上のいづれか。 
※英語力が入学基準に満たない方は、一般英語コース(ESL)を受講し、英語力をUPさせてから受講(編入)ができます。詳細はお問合せくださ
プログラム期間 4週間
プログラム開始日 お問い合わせください。
看護師経験等 不問



プログラム費用


プログラム費用 $3,800(2020年料金)
プログラム費用に含むもの 登録料(入学金)、授業料、教材費、滞在手配料、ホームステイ費(個室利用・朝夕食付)、バンクーバー空港出迎費用、留学手続費用、出発前オリエンテーション費用、国際送金費用、出発前英語研修(新潟市限定)、現地日本語サポート
プログラム費用に含まない主なもの 航空券、留学保険、eTA、通学費用、食事代等の個人的諸費用





スケジュール(例)


時間/曜日
09:00-12:00 一般英語授業※休憩あり
12:00-13:00 昼食
13:00-15:40 医療英語授業※休憩あり アクティビティ
15:40-16:00 無料カウンセリング/ラウンジトーク
※変更になる場合があります。






保険商品勧誘方針
保険商品プライバシーポリシー



新潟留学センター

〒950-0916
新潟県新潟市中央区米山3-2-11
MKD5ビル1階
お客様専用電話 0120-580-838
電話 025-240-0611
FAX 025-240-0620
Email info@nta-niigata.com
営業時間:10時~17時(土~16時)
日曜・祭日は休業