本文へスキップ

17年の経験と知識で大切な留学を全国へお届けします!

アメリカ留学 幼稚園〜高校Usa school

アメリカ留学 → 幼稚園から高校留学


アメリカ留学 幼稚園から高校留学

Kindergarten(幼稚園)から高校留学まで取り扱っています。

このプログラムは、アメリカの会社との提携で行います。日々の教育支援、生活サポートや緊急時の日本語サポートも付随していますので安心してご参加いただけます。
ただし、中学校以下の学校参加には、原則、親御さんや親権者の同行が必要となります。

出発に必要なビザ申請手続き代行、航空券手配、留学保険手配など、留学に必要な諸手続きも一貫して行います。


高校正規留学・出発までの流れ




アメリカの教育制度

アメリカでは「州」の権限が強く、教育に関しても隔週の教育委員会が取り扱っている。さらに、各州とも、かなりの部分を地方の教育委員会に委ねている。連邦教育省(Department of Education)は、特定の領域でしか権限を持っていない。
各学校区(School district)ごとに、小・中・高校の制度が異なり、地域によって6・3・3制だったり、6・2・4制だったりする。基本的に「入試」は無く、一定の年齢に達した生徒は入学を許可される。
全ての中・高校は単位制。新学期は一般的に9月に開始され、基本的に入学式は無く、科目登録の翌日から授業が開始になる。年間授業数は平均で180日。
落第は無く、落とした科目は再履修となる。夏季学期で単位取得も可能。一般的に6月が卒業式。
アメリカの教育制度



学期

1学年は、9月に始まり、翌年の6月に終了する。夏やsy無は2.5ヵ月間、冬休みはクリスマスを中心に約3週間。春のイースター・バケーションが約3週間ある。
日本人は、何歳からでも無理なく留学が出来て進学も可能ですが、当然の事、授業は英語で行われるため、現地のアメリカ人より英語を学ぶ時間が必要となる。学校によっては、外国人を多く受け入ていて、英語を母国語としない生徒へESLの授業を行っている。また、外国人留学生にサマースクール参加を義務付けている学校もあります。



高校の学習科目(一例)

アメリカでは発想や考え方を重視しています。小学校よりそのための訓練を行っています。授業では先生が講義し、生徒はそれを聞いているだけでは無く、生徒が活発に自分の意見を話し合うディスカッションやディベートを多く行います。知識を増やすだけでは無く、自分の意見をしっかりと持ち、表現する事を大切にしています。
テストも自分の意見を表現するものが多く、穴埋問題や選択問題は少ない。授業で学んだ事に基づいて、自分の考え、それを表現する事が重要視されています。宿題も資料を読んで、自分自身の意見をまとめる事などが中心となります。
成績評価は絶対評価なので、クラス全員が最高点の「A評価」ということもあり得ます。
授業は単位制なので、生徒は毎年自分で自分自身の科目登録を行います。高校では、必須科目の国語(英語)、外国語(フランス語等)、数学、理科、社会(アメリカ政治等)、アメリカ史等。その他に、8〜10単位を取り、20〜22単位を取得します。

【1週間のクラス例】
クラス
1限 自由 英語 生物 PC 自由
2限 アート 自由 英語 歴史 PC
3限 PC アート 自由 数学 歴史
4限 歴史 PC アート 生物 数学
休憩 ランチタイム
5限 数学 歴史 英語 生物
6限 生物 数学 自由 英語
7限 スポーツ スポーツ スポーツ




授業の例

【必修科目の例】
・English(英語) ・Foreign Language(外国語) ・Science(科学) ・Mathematics(数学) ・Political Science(政治学) ・US History(アメリカ史) ・World Geography(地学) ・World History(世界史)

【選択科目の例】
・Chemistry(化学) ・Algebra(代数) ・Calculus(微分積分) ・Biology(生物) ・Computer(コンピューター) ・Dynamics(力学) ・Art(芸術) ・Band(バンド) ・Theater(舞台芸術)


クラブ活動の例

【スポーツ】
アメリカンフットボール、ゴルフ、クロスカントリー、バレーボール、水泳、バスケットボール、サッカー、スキー、その他

【文科系】
バンド、コーラス、演劇、スピーチ、コンピューター、芸術、科学、インターナショナル、ボランティア、その他


滞在先

私立学校や私立高校では寮(Dormitory)を持っている学校が多く、ホームステイが可能な学校もある。


留学費用

一般的には、年間350〜450万円程度。都市部は高く地方都市は安くなる。
【内訳】
授業料と寮費(食事付) $30,000
留学生の諸費用 $1,500
教材費や雑費 $500

留学保険料 250,000円
航空券






保険商品勧誘方針
保険商品プライバシーポリシー



新潟留学センター

〒950-0916
新潟県新潟市中央区米山3-2-11
MKD5ビル1階
お客様専用電話 0120-580-838
電話 025-240-0611
FAX 025-240-0620
Email info@nta-niigata.com
営業時間:10時〜17時(土〜16時)
日曜・祭日は休業