本文へスキップ

20年の経験と知識で大切な留学を全国へお届けします!

語学研修+大学単位取得留学ESL+College

アメリカで語学研修+大学単位取得

このプログラムは終了しました。

College of Southen Nevada

語学研修+CSNで大学単位取得

FLS Las Vegas Institute とカレッジオブサザンネバダ(College of Southen Nevada:CSN)の提携により一般英語授業を受けながら、CNSコースが並行で受けることが出来る、コンカーレントプログラムです。現役大学生が1年間の休学で受講されるのに適しています。

【コンカレントプログラムとは?】
コンカレントプログラムは、ただの語一般英語だけでは物足りない方向けの語学研修プラスαで、「大学の授業も取りたい!」という学生にピッタリのプログラムです。語学学校のレベル12(レベルは1〜18)以上を修了した方へ、一般英語語学を受講しながら、授業後に現地のコミュニティカレッジで現地学生と一緒に授業を取っていただくことができます。コンカレントプログラムの利点は多くありますが、語学研修から始めるのでスタート時に英語力があまりなくても良い。学費が正規の留学生に比べ安価、登録時の手続きが面倒ではない、といった点があります。



College of Southen Nevada|CSN

csn2

College of Southen Nevada

カレッジオブサザンネバダは西海岸カリフォルニア州の隣になる、ネバダ州の中で一番大きい高等教育機関となります。このカレッジはネバダ州の大都市ラスベガスに位置しています。娯楽地としての印象の強いラスベガスですが、ラスベガスの中心地から少し離れたところに位置しているため、勉強する環境に適しています。特にラスベガスという土地柄もあり、ホスピタリティ、観光学に関しては非常にレベルの高い教育で定評があります。また、カレッジオブサザンネバダは、ラスベガス内にHenderson Campus, Charleston Campus, Cheyenne Campusの 3つのキャンパスを持っています。
この2年制カレッジの人気の専攻としてはホスピタリティ、観光学、経済、経営、コンピューターサイエンス、機械工学、経理等がございます。卒業生の多くはネバダ大学ラスベガス校に進学します。ネバダ州立大学ラスベガス校はホスピタリティ、ビジネスの専攻ではアメリカの大学の中でも3本の指に入る優秀な大学です。

CSN(カレッジオブサザンネバダ) website

カレッジオブサザンネバダ College of Southen Nevada ビデオリンク集(youtube)


CSNで開講の授業と手続き

CSN(カレッジオブサザンネバダ)では、最大で1セメスターに6単位(夏は最大で15単位)まで取ることができます。CNSで授業を取る場合、通常の留学生とは異なり、面倒な手続きなしで登録することが出来ます。実際に授業に登録する際は、語学学校のスタッフと共にインターネット上で授業登録することとなります。CSN学費に関してはインターネット上、もしくは直接学校への支払いとなります。
希望される方はコンカレントプログラム終了後に、CSN(カレッジオブサザンネバダ)に正規入学いただくことも可能です。この場合、コンカレントプログラム中に取った単位も当然卒業単位として数えられます。休学留学の学生は日本の大学側によっては、こちらの留学中に取った単位を認めてくれる大学も存在すると思われます。(※詳細はご自身での確認が必要となります。)
受講可能授業は現地の学生と同じように授業を取ることができます。但し、事前必須科目を取っていない場合は、取れない授業もあります。(例) マーケティング1をとらずにマーケティング2の授業を取ることはできません。


CSNの学期と登録期限

学期 登録締切
2018 Summer 2018年5月16日
2018 Fall 2018年7月18日
2019 Spring 2018年10月3日



FLSの受講コース

FLSラスベガス校

語学学校:FLS Las Vegas Institute

ネバダ州のカジノで有名なラスベガスにある新しくデザインされたセンターです。大学キャンパス内ではありませんが、College of Southern Nevada 、University of Nevadaと親密な関係で、多くの生徒が進学しています。センターには、学生ラウンジ、コンピューターラボ、スタディーラウンジもあり、英語を学ぶとても良い環境を提供しています。
校舎は、中心地から30分ほど離れた閑静な住宅街、ヘンダーソン市にあります。TOEFL iBTの試験会場にもなっていて、多くの生徒が観光学で有名なネバダ大学に編入しています。

FLSとCSNの受講(コンカレントプログラム)

FLSの授業が午前中にありますので、CSNで授業を取るのは午後となります。サザンネバダカレッジでは多くの授業が午後もしくは夕方に開講されています。また、オンラインで授業を取る事も可能です。例) 4時から6時までのアカウンティングの授業を火曜と木曜に履修。


FLS受講コース変更OK!

FLSで一般英語授業(ESL)の受講は、週20時間/25時間/30週間が可能です。その後、FLSとCSNの両方を受講する場合は、FLSは週20時間のみとなります。FLSを週25時間/30時間申込の場合、CSNを併せて受講する場合に限り、週20時間との差額を現地で全額返金いたします。

FLSからCSNまでの距離

通学距離
17.7マイル・約28分

お勧めパッケージ

時期 内容(週25時間の一般英語集中コース)
2018年2月 FLS Las Vegas Institute入学:英語レベル6 スタート
2018年3月 FLS Las Vegas Institute:英語レベル7 受講
2018年4月 FLS Las Vegas Institute:英語レベル8 受講
2018年5月 FLS Las Vegas Institute:英語レベル9 受講
2018年6月 FLS Las Vegas Institute:英語レベル10 受講
2018年7月 FLS Las Vegas Institute:英語レベル11 受講
2018年8月 FLS Las Vegas Institute:英語レベル12 受講
2018年9月 FLS一般英語+CSN Fall受講
2018年10月 FLS一般英語+CSN Fall受講
2018年11月 FLS一般英語+CSN Fall受講
2018年12月 FLS一般英語+CSN Fall受講
※現在の英語力を考慮し計画を作成いたします。

主な内容 料金
FLS登録料
FLS授業料(Intensive English)
ホームステイ手配料
ホームステイ費用(TWN)
CSNカレッジ授業料(1学期当たり)
概算合計
※航空券、留学保険、学生ビザ取得費用、個人的諸費用は別途となります。



留学料金問合せ

留学カウンセリングを予約する

お問合せTOP



Q and A

Q:ラスベガスはどんなところですか?
A:ラスベガスは世界的に娯楽地として知られていますが、実は留学に非常に適した地でもあります。ラスベガスは非常に物価が安いため、留学費を抑えることができます。また、カレッジオブサザンネバダの卒業生の大半が進学するネバダ州立大学ラスベガス校ではビジネスやホスピタリティの専攻では全米で3本の指にはいるほど、優秀な大学です。また、ラスベガスは治安の悪い町だと言う印象を持っている生徒様もいらっしゃいますが、実はラスベガスの治安は決して悪くありません。特にFLSのあるヘンダーソン市は白人の富裕層が住む町として知られ、治安は非常に良くなっています。

Q:ラスベガスの天候はどうですか?
A:ラスベガスは砂漠にありますので、夏は暑く、冬は冷え込みます。夏場の平均気温は27度から39度、冬場は4度から14度の間で推移しています。夏場には気温が上がりますが、湿度が低いため、日陰での体感温度は低くなります。また、冬には雪が降ることもあるため、近くの山でスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを楽しむこともできます。

Q:どんな滞在方法がありますか?
A:滞在方法は基本的にはホームステイの1人部屋もしくは2人部屋となります。ホテルに滞在も可能ですが、費用がかかりますし、ホームステイの方が、英語を練習する機会も多くなりますので、良いでしょう。ホームステイを通し、言語だけではなく、アメリカの文化を学ぶことも出来ます。

Q:休日はアクティビティなどありますか?
A:FLSでは平日は勿論、休日にも楽しいアクティビティが満載です!デスバレーやレッドロックキャニオンへのハイキングやカラオケナイト、グランドキャニオンへの旅行等も予定されています。冬には近くのスキー場でスキーやスノーボードを楽しむことも出来ます。平日にも放課後にインターナショナルディナーや、スポーツ、ショッピングなど色々なアクティビティが企画されています。FLSではこういったアクティビティを通し、クラス外にも友達を作り、コミュニケーションをとる場を提供しています。

Q:FLSの授業後、CSNへの通学方法は?
A:FLSではCSN(カレッジオブサザンネバダ)へのシャトルバスサービスを提供しています。一日に2本 (12時40分と3時10分) にFLSからCSN(カレッジオブサザンネバダ)に行くバスに乗って移動することが出来ます。このサービスの提供時間内に授業を受ける場合は、移動の心配はございません。但し、夕方に行われているクラスを取る場合は、公共の交通機関を使い、生徒様個人で移動していただく必要がございます。ただ、多くの授業はこのシャトルバスサービスの時間内に開講されています。

Q:CSNではどんな授業がとれますか?
A:現地の学生と同じように授業を取ることができます。下記が例となります。
Introduction to Small Business Management, Principal of Management, Hospitality Career Development, Special Events Planning, Principal of Sociology, Introduction to American Politics, Marketing Principal等があります。※先着順の授業もありますので、登録後速やかな登録が必要です。
詳しくはこちらで検索してください。

※事前必須科目を取っていない場合は、取れない授業もございます。例) マーケティング1をとらずにマーケティング2の授業を取ることはできません。
FLSのコンカレントプログラムではFLSの生徒様にも現地の学生と同じように授業に参加していただく必要があります。ですので、出席や授業中の発言、テストやプレゼンテーションも成績に影響を及ぼします。

Q:CSNの授業が難しすぎたらどうすれば良いですか?
A:CSN(カレッジオブサザンネバダ)では、予約が必要とはなりますが、多くの無料個別指導プログラムを用意しています。また、FLSでは別途料金でマンツーマン・レッスン(個人授業)手配も可能です。


留学料金問合せ

留学カウンセリングを予約する

お問合せTOP




保険商品勧誘方針
保険商品プライバシーポリシー



新潟留学センター

〒950-0916
新潟県新潟市中央区米山3-2-11
MKD5ビル1階
お客様専用電話 0120-580-838
電話 025-240-0611
FAX 025-240-0620
Email info@nta-niigata.com
営業時間:10時〜17時(土〜16時)
日曜・祭日は休業