本文へスキップ

20年の経験と知識で大切な留学を全国へお届けします!

ワーキングホリデーworkingholiday

ワーキングホリデーTOP → ワーキングホリデー・応援プログラム

ワーキングホリデー応援プログラム

2020年ワーキングホリデービザ代理申請受付中!


ワーキングホリデーパッケージ

ワーキングホリデーを応援します!

ワーキングホリデー参加には、ワーキングホリデー・ビザ取得が必須です。また、航空券や留学保険などの事前手続きが必要になります。また、出発前には各種手続きや現地到着後の在留届など、ワーキングホリデーに必要なものをセットしました。
日本在住の日本国籍の方が対象で、日本全国からお申込みいただけます。
【ワーキングホリデー・ビザの有効期限】ワーキングホリデー・ビザは、ビザ発給後1年以内に入国し、入国した日より1年間有効です。例えば、2019年10月10日に取得した場合、2020年10月9日までに入国すれば、入国後1年間まで滞在が可能です。
ワーキングホリデー・ビザは定員が設定されていますので、早めにビザ取得をし、その後、ゆっくりと留学内容をお決めすることも出来ます。ご不明な方はお気軽にお問合せください。
※2019年の情報を基にご案内しています。

パッケージ内容

対象国:オーストラリア、ニュージーランド、カナダ
応援パッケージ料金 22,000円
(ビザ申請料等は別途必要)
パッケージに含むのも ・ワーキングホリデービザ申請代行
(ビザ申請料実費は別途です)
・AIGワーキングホリデー保険手続
・帰路日付変更可能な航空券手続
(航空券発券料別途)
お申込み時期 出発予定日の3ヵ月前以前
※パッケージに含むものをご利用にならない場合は、このパッケージ料金と異なる料金体系になります。但し、別途語学学校等の手配がある場合を除きます。

国別 就学期間
(最大)
語学学校
オーストラリア 17週間 オーストラリア語学学校
カナダ 6カ月間 カナダ語学学校
ニュージーランド 6カ月間 ニュージーランド語学学校

国別語学研修等の就学期間
■オーストラリア:最大17週間 オーストラリア語学学校はこちら
カナダ:最大6カ月間 カナダ語学学校はこちら
■ニュージーランド:最大6カ月間 ニュージーランド


留学カウンセリングを予約する


プログラム料金を問い合わせる

ワーキングホリデー・ビザ申請料

国名 申請料 備考
オーストラリア AUD 440+6.16 健康診断が必要な場合有り。
ニュージーランド 無料(日本国籍限定) 健康診断が必要です。
カナダ CAD335 申請は抽選。
※バイオメトリックス手続きが必要です
※日本国内申請で2019年時点での情報です。変更になる場合があります。

語学学校選び

どこの語学学校でも英語を総合的に学ぶことは出来ます。授業体系は、午前中のみのパートタイムコースと午前+午後のフルタイムコースがあります。授業料は午前中のみのコースの方が安くなりますが、ワーキングホリデー・ビザでの就学は期間が決まっているため、短期集中で英語を学ぶ「午前+午後のフルタイムコース」をお勧めします。

語学学校には、ワーホリメーカーにお勧めのプログラムを行っている語学学校もあります。通常の英語コースを受講しながら、職探しのノウハウや英文履歴書の書き方や面接のアポイントの取り方などをレクチャーしてくれる学校もあります。

他は、ご自身の英語力に不安のある方(英語レベルが中以下)は、日本人スタッフが常駐している学校を選ぶのも良いと思います。留学当初は、文化の違いや考え方の違いに戸惑う事も多々あります。それを相談したり、解決策を教えてもらえれば、その国に馴染むもの早くなりますよ。

ご案内

ワーキングホリデー・ビザ申請代行は、ワーキングホリデー・ビザ取得を確約するものではありません。申請者自身の状況(不法滞在歴、起訴中、渡航履歴、健康状態等)を正確に申請し、ワーキングホリデー・ビザ発行機関の判断に委ねます。通常の状況の方はワーキングホリデー・ビザ発給数に達していなければ発給は可能と思います。

留学カウンセリングを予約する


プログラム料金を問い合わせる